理想と現実のギャップに悩んだら

仕事の理想と現実

仕事に対する理想と現実のギャップに悩んでいる人のためのサイトです。 【MAIL】

TOPICS
転職エージェントの活用

転職エージェントの活用

転職という選択肢について
Pocket
LINEで送る

転職エージェントのサポートが転職成功のカギです

転職活動を決めた時に「転職エージェント」を利用する人が増えています。初めての転職活動には不安が付きまといます。そこでプロの転職スタッフが揃う転職エージェントに登録し、転職活動のガイドになってもらいましょう。転職エージェントに登録すると、自分に合った職場や仕事をマッチングしてくれるなど、様々なメリットがあります。転職エージェントの担当スタッフが行う面談により、自分一人では適性がみつけられない職業や仕事内容が面白く、待遇が良い職場をみつけてくれることがあります。
さらに転職エージェントは、転職先企業との面談のスケジュール管理等を行ってくれます。どのように転職活動を進めるべきか分からない人は、プロのスタッフの指示に従うだけで転職活動が楽になるでしょう。また転職先企業に好感度の高い履歴書作りのサポートをしてくれるため、採用度も高くなるでしょう。

介護職を目指すなら「メドフィット」

転職エージェントは、どのような職種も業界の求人情報も扱う「総合型」と、ある業界に特化している「特化型」があります。転職したい業界が定まっていない人は総合型を選び、より広い選択肢の中から自分にぴったりの職場を選ぶことをおすすめします。転職したい業界がハッキリしている人は、自分が進みたい業界に特化した転職エージェントを選びましょう。看護師や介護職への転職を目指す人は、転職エージェント「メドフィット」に登録すると良いでしょう。医療現場や介護現場の求人情報を網羅していますので希望の職場を探しやすいでしょう。メドフィットのスタッフは医療現場や介護現場の職場に精通しています。

美容師の転職なら「キュージェイナビ」

美容業界への転職を考えている人や、美容師として現在と違う職場で働きたい人は、美容師専門の転職エージェント「キュージェイナビ」に登録してみましょう。キュージェイナビには全国の美容室の求人情報が掲載されていますので、どのエリアに住んでいる美容師でも転職活動に役立てることができます。美容業界は狭いようで広い業界です。転職をする時は、業界に精通したスタッフがいるキュージェイナビを利用すると理想的な職場を探しやすくなるでしょう。

  • 美容業界の求人を検索してみる
  • キュージェイナビは「職種・技術ランク」から職場を探すことができます。幹部候補、スタイリスト、アシスタント、フロント・レセプション、ヘアメイク、美容部員、カラーリスト、アイデザイナーなど様々な職種や技術レベルにより、自分に最適な職場を探すことができます。

看護師なら「看護のお仕事」がおすすめです

看護師として転職を考えている人は、看護師の転職活動支援に特化している転職エージェント「看護のお仕事」に登録しましょう。看護のお仕事は、医療機関などに太いパイプを持っているため、思いがけないような好条件の求人を紹介してもらえることがあります。人気の非公開求人も取り扱っていますので、高待遇で新しい職場で働き始められるかもしれません。
看護師の仕事は職場の人間関係が特に仕事をする上で大切になります。職場の雰囲気や、婦長の性格、離職率などのリアルな情報を得ることができます。自分に合った職場で長く好条件で働きたい人にとって、看護のお仕事を利用するメリットは大きくなりそうです。

今のうちに知っておきたい!看護師を目指す学生へ

ギャップを埋めるコツとは?割り切りながら自分を磨こう<看護師>
割り切りながら自分を磨こう<看護師>

看護師になると感じるのが、「理想の看護師」と現実の自分とのギャップです。ギャップの幅が大きいほど悩みも大きくなります。新人看護師時代は、仕事ができないのが普通です。一人前でもない状態で、理想の看護を目指すのは無理があります。まず自分の看護スキルをアップして、一人前の看護師になることを目指しましょう。そして一人前の看護師になって、時間と精神的な余裕ができた時に、理想の看護を目指しましょう。それまでは自分の成長だけを考えて理想の看護師像は棚上げするようにしましょう。

よく感じるギャップの内容とは?【職種別】ショックを受けることが多い<看護師>
ショックを受けることが多い<看護師>

看護師になって仕事を始めてみると、理想と現実のギャップにショックを受ける人がいます。まず医療関係者をドラマの主人公や聖人のようにイメージしていたら、実は職場の人間関係が悪く、人間臭い人が多いことに驚きます。患者の尊厳がそれほど守られていない現実にも衝撃を受けます。また仕事が思っていた以上に厳しく、体調を崩す人もいます。また看護師の仕事が難しくミスを連発すると、自分は看護師に向いていないのではないかと感じます。